記事一覧

「クラブツーリズム四万十源流の森」間伐作業

8月26日(日)、天気は雨&濃霧の中、津野町協働の森「クラブツーリズム四万十源流の森」で、間伐の体験実習を行いました。
最悪の条件下で参加者全員に体験してもらうことは出来ませんでしたが、代表の方が実際にチェーンソーを使ってヒノキの伐倒を体験しました。
そして、倒したヒノキから発散する香りに森林の持つ清々しさを感じてもらえたと思います。
又、日頃森林・林業に携っていない人々の声は、我々林業に従事する者には、新鮮な響きでした。

参加者の皆さん


参加者の皆さん


木を切る所


木を切る所


 

旧東津野地区座談会

去る、8月1日、2日、3日、6日の4日間、4会場で旧東津野地区の森林所有者を対象に、今年度の事業説明を行いました。
森林所有者の皆様は説明を熱心に聴いておられました。
説明後の質疑応答では、森林所有者の皆様の大変貴重な意見やご要望をいただきました。
足元の緩い中、そして18時からという早い時間にも関わらず足を運んでいただき大変ありがとうございました。

ファイル 5-1.jpg


ファイル 5-2.jpg

クラブツーリズム(株)関係者による間伐作業

去る、5月28日津野町協働の森「クラブツーリズム四万十源流の森」で、クラブツーリズム関係者35名の皆さんが間伐作業を行いました。
5名の組合職員が講師として、源流の森の手入れの大切さや必要性・森の中での注意事項などの説明を行った後、各班に別れ間伐作業を行い、関係者の皆さんからは木が倒れる度に歓声が上がっていました。

全関係者説明の所


全関係者説明の所


木を切っている所


木を切っている所


木が倒れた所


木が倒れた所


職場体験

 去る、5月8日~11日の4日間、地元中学生による職場体験で2名の生徒を受け入れました。

 1~2日目はポケットコンパス等測量具を使用して作業路の取上げ測量、3日目はチェーンソーによる間伐作業(指導者の説明、安全防具の着用)、後に指導者の手ほどきの後チェーンソーによる間伐体験を行い、4日目は工場で木材の選木等、フォークリフト・グラプル使用の体験を行った。どの生徒も大変良く出来、感心しました。

 この体験をきっかけに山に感心を持って頂ければと思っています。

ポケットコンパス


ポケットコンパス

5月8日 こじゃんと虫がおった日

5月8日火曜日
こじゃんと虫がおった日

5月10日 こじゃんと間伐するぞの日

5月10日木曜日
こじゃんと間伐するぞの日

このミニ作業道の延長はNO,13×20m=260m


このミニ作業道の延長はNO,13×20m=260m

『なかなか上手になった!』 と 嶋順一郎さん

『なかなか上手になった!』 と
 嶋順一郎さん

ミニ作業道の方位角測量


ミニ作業道の方位角測量

やりゆう!その1


やりゆう!その1

やりゆう!その2


やりゆう!その2

やりゆう!その3


やりゆう!その3

やりゆう! 長さ(IP間単距離)測量


同 長さ(IP間単距離)測量

http://tsuno-shinrin.com/

「山は海の恋人」

ファイル 2-1.jpg

私たちは、「この美しい川を美しい姿のままで下流域の皆様に引き 渡す」ことが、上流域に住む者の責務だと考えております。
  「山は海の恋人」という言葉を聞きますが、海につながる川を守り、海 に恵みを与えることのできる豊かな森林を育むことによって初めて「山 は海の恋人」と認められるものだと思います。

高知県高岡郡津野町森林組合

日本最後の清流「四万十川」

ファイル 1-1.jpg

森林(もり)の防人としての津野町森林組合は高知県中西部に位置し、津野町を活動区域とする小さな森林組合です。
  この津野町には、最後の清流と言われる四万十川とカワウソの住む 清流として話題になった新荘川という二つの河川の源流点があります。
  津野町の深山に源を発した二つの清流は、遥かなる旅路を経て四万 十川は四万十市(旧中村市)、そして新荘川は須崎市を旅路の終わり として土佐湾に流れ込んでいます。

高知県高岡郡津野町森林組合

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ